大手企業から、より規模の小さい会社へ

○大手企業からより規模の小さい会社へ

 



こんにちは

 

今回は、私個人の今後の仕事の流れの予想です。

 

的中するかどうかは、判りませんが、社会全体を

 

見ての予想です。

 

 


大手企業から、より小さい会社へ仕事も人材も移行

 

するように思います。

 

 

 

参考にして下さい。

http://www.ikedahayato.com/20150227/23202052.html

 

 


 

理由は2つ


1、技術は大手企業より、もっと小さい規模の会社のほうが上

 

2、仕事のやりがい

 

 

 



1、は、NASA(アメリカ航空宇宙局)も、日本の小さい会社に

 

   発注してますし、実際いろいろなものを考え工夫して作って

 

   いるのは大手ではないと思います。

 

2、は、みなさん御創造のとおり、個人の自由がききません。

 

   組織が大きくなればなるほど個人の存在は薄れ、誰の下に

 

   付くかによって自分の出世が決まってしまったりもします。

 

 



大手企業の強みは、政界とのパイプと資本力だと思います。

 

卸売(おろしうり)に似ていると思います。

 

建設業界のゼネコンと呼ばれているところが、

 

下請けに仕事を丸投げの例が、わかり易いと思います。


多大な費用が掛かる実験や研究は大手企業でしょうが、

 

それ以外はもっと小さな会社が出来るようになると思います。

 

NETの力により、情報がいきわたり、いろいろな意味で、

 

大手でなければ出来ない条件が少なくなってきているように

 

思います。

 

また、世の中の動きが早くなってくると、その対応も

 

小規模の方がしやすいのではないでしょうか。


 

私は、近い将来、大手企業より、むしろもっと小さい会社が

 

力を持ってくると予想しています。

 

横のつながりや人材面からもその流れだと思います。

 

人材では、単に「お金」や「物」の価値観が今と変わるでしょう。

 

マスコミ操作や企業戦略には乗らず、自分の考えで行動する

 

方がどんどん増えていくと思います。

 

 

 

 


■「技術伝承」について

  西尾鉄工所三代目が
  語る!
   
    紹介動画

映像製作フクダスタジオ

電子書籍出版しました!

       2016.5.5

リンク

ブログリンク

セーパーの加工